4/2北斗星(4)

2017/12/18

0415、列車は定刻通りに青森駅を発車、直前起きだしたTや0340ごろあらわれた隣室の中学生、さらに前夜に列車最後尾で知り合った客たちと話をしながら景色を見て過ごします。時刻は0430を回り世界は徐々に明るくなっていきます。
0441蟹田で運転停車、続けて新中小国信号場を通過、そして北海道新幹線と合流すると同時に大平トンネルへ突入、立て続けに17のトンネルを通過します。このトンネル群の10個目が青函トンネル、0503一分遅れで突入し、0512竜飛海底通過と同時に急行はまなすとすれ違い。0530吉岡海底通過、そして0545やはり一分遅れで青函トンネル脱出。トンネル群を抜けすっかり明るくなった視界には、津軽海峡が広がります。
0600を過ぎ、食堂車へ移動。今回はTとその従弟、さらにその祖母と食事を取ることに。
0630おはよう放送。食堂はTの祖母にお願いし、TとTの従弟、Tが前日に知り合い僕自身も列車内で見かけた親子連れ(四号車デュエット)の子供のほう(このあとはこの四人で過ごすことが多かった)、そして隣室の中学生の五人で機関車交換を見るため、先頭へ移動。ここで、列車が三分遅れているため、函館の停車時間を三分削るとの放送が。おいおいやめてくれ。
函館につき列車から降りるとパパッとED79を撮り列車後方へ。
f:id:tetsudoufan50:20150403064001j:plain
ED79-12
f:id:tetsudoufan50:20150403064158j:plain
DD51-1102
こいつも客車側ヘッドマークなし
f:id:tetsudoufan50:20150403064307j:plain
DD51-1095
ここからはこの二両が引っ張っていくことになります。
早めに車内へ戻りTの祖母の待つロビーカーへ。0710ごろ無事食事にありつけました。
f:id:tetsudoufan50:20150403071746j:plain
寝台特急北斗星和朝食。
四人で食事を楽しみます。列車は大沼国定公園内を走行していましたが、この日はこの後函館線と宗谷線が水没するほどの大雨。僕たちが座っていた側の窓だけきれいに曇り、大沼を望むことは出来ませんでした。
食事を終え、部屋に戻ったところである事実を思い出します。シャワー室の予約がちょうど食事中の時間帯だったことを。さてどうしたものかと考えていると、シャワー室B室が壊れたから払い戻すよ(意訳)との放送が。乗務員に聞いたところ未使用ならばOKとのこと。510円返却してもらいました。