こんにちは(ー∀ー*)
TNKトラベルシェムリアップ支店の久保です!

バンブートレインにのるシェムリアッパー久保
生え際の後退が危うい久保(23歳)
今回からいくつかの記事に分けて先日行ってきたバッタンバンという、カンボジア第二の町について書いていきます!

Vol1の今回はバッタンバン観光の大人気アトラクション「バンブートレイン」をご紹介。上の写真がもうそれっぽいですよね。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレイン
割とぼろ目の竹でつくられている
こちらがバンブートレイン。思いのほか質素( ゚Д゚)
というか、そもそもバンブートレインって何やねんって感じだと思うので、、

 

説明しよう!!
バンブートレインというのは、バッタンバンのはずれにある村にある、かつては物資運搬に使われたトロッコを観光用に整備したアトラクションなのである!

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの燃料
燃料はおそらく軽油
国外だけでなく国内からも多くの観光客を集めるバンブートレイン。久保は今回はカンボジア人の友人たちと乗りに行きました。

造りは非常にシンプルで上の写真のようなエンジンが下の車輪と繋がっているだけ。ほんま大丈夫なんかいな。。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの線路
線路は予想通り単線
乗る前に料金所みたいなところでお金を払います。
人数によって値段が異なり1人だと10ドル、2人or3人だと15ドル、4人だと20ドルみたいな感じで高くなります。

久保たちは5人で乗って25ドルでした。一人あたり5ドルですね。
お金も払って準備ができたらいざ出発∩(´∀` )∩

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインに乗る若者たち
これぞバンブートレイン
奥の左側が久保です。後ろには運転手さん。
想像以上にやかましい騒音を発しながらしゅっぱーつ!

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインからの風景
緑に囲まれた線路を進んでいく
スピードは時速15kmくらいですかね、エンジン音の割には遅いですが、つかまるとこもないし揺れも地味に激しくて意外にスリリングな感じでした。

往復だいたい10㎞くらいなので、途中の色々を挟んでも1時間ほどで行って帰ってこれます。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインから見る水田
バンブートレインからの景色
進みながら色んな景色を楽しむことができるのもバンブートレインの魅力の一つ。上の写真のようなゆったりとした風景もバンブートレインから見ることができます。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインに手を振る少女たち
手を振る村の少女たち
こちらもバンブートレインから撮った一枚。線路沿いに普通に家だったり畑があり人も住んでいます。

田舎の村なので人は多くはないですが、そういった人たちの生活模様を垣間見れるのも久保的にはおすすめポイントです。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの譲り合い精神
途中でバンブートレイン急停車
しばらく走っていると、急にスピードを落としバンブートレインを線路から避けはじめました。
どうしたのか思ったら、なんと対向のバンブートレインがやってきました。単線なのですれ違うことができず、復路の車両に道を譲るというのがルールみたいです。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの車輪
取り残された車輪
竹は車輪の上に乗っけてるだけなので、こんな感じで分離可能となっています。

なんかシュールやね。

わきを通り過ぎていくカンボジア・バッタンバンのバンブートレイン
どんどん通り過ぎていく
線路のわきに避難するのですが、けっこうすれすれを対向のバンブートレインが通過していきます。次から次へと通り過ぎていく人たちの背中を眺めて、ふと振り返ると

大量に通り過ぎていくカンボジア・バッタンバンのバンブートレイン
まだまだ通り過ぎていく

どんだけおんねん。

そう、この日は土曜日ということもありかなりの人数がバンブーしていました。さすがにこれだけの人数がバンブーしていたら通過の待ち時間もそれ相応にバンブーです。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの線路上ではしゃぐシェムリアッパー久保
線路でいぇーい
彼らが通り過ぎて出発するまでの間でこんな写真も撮れました。
久保よ、なぜもう少し右に座らなかったのだ。。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの折り返し地点
バンブートレイン折り返し地点
20分ほどでこちらの折り返し地点に到着。
冷たい飲み物やお土産用のTシャツ、小さいバンブートレインのおもちゃなんかも売っています。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインのTシャツ
バンブートレインTシャツ
けっこう可愛らしいバンブートレインのTシャツ。ちょっと欲しかったけど、いつ着んねんと思い我慢しました。 お土産とかにはいいかもですね。

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの発着点
帰りはスイスイ
帰りは行きと違いみんなが避けてくれるのでスイスイ戻ってこれました。
往路を経て偉くなった気分ですね。

折り返し地点での休憩も含めて1時間ちょっとくらいのバンブートレイン。
バッタンバンへ行くなら乗らない手はないです!

そしてTNKトラベルのバッタンバンツアーにも、もちろんバンブートレインが工程に含まれています!バンブートレイン、気になっちゃった方は要チェックです。

カンボジア第二の街バッタンバン日帰り観光ツアー!

カンボジア・バッタンバンのバンブートレインの上で集合写真
今回のバッタンバン旅行のメンバー
なんとこんな大人数でバッタンバンに行ってました。
この他のバッタンバン紹介記事でも、彼らがガンガン出てきます。

気になるVol2以降はこちら。

Vol2~ワイナリー見学~

Vol3~ワット・エック・プノン~

Vol4~ワットバナン~

Vol5~プノンサンパウ~

以上、シェムリアップより久保でした。

お願い、久保の日々の更新の応援クリックを。。
カンボジア情報ランキング 

 
→ アンコールワット・シェムリアップ←
→周辺遺跡、市内観光ツアーはこちら ←

 

◇◆合わせて読みたい記事◆◇

【琵琶湖の十倍!?】トンレサップ湖に浮かぶチョンクニア村が素敵だった話
【大自然】カンボジアで自然を満喫するならプノンクーレンが超おすすめ
【注目遺跡】世界遺産に登録直後のサンボー・プレイ・クックに行ってきました
【シェムリアップ】ナイトマーケットにある日系のNATURALなお土産屋さん
【2017年】4月5月久保の人気記事まとめ10本
【アンコールワット】カンボジア旅行は何泊がおすすめ?

 

カンボジア旅行に関して
メール・LINE等からのお問い合わせ
心よりお待ちしております!!

HP:http://www.tnkjapan.com/ 
TEL: +855 (0) 60-965-835(日本人直通)
MAIL: angkor@tnkjapan.com
Line ID:tabiplaangkor
フォーム:TNKトラベルカンボジアお問い合わせ

<TNKトラベルシェムリアップ支店>

パブストリート近くのオフィスにてお待ちしております!


パブストリートから徒歩1分
※Diamond Elephant Travel内日本語デスク